2007年09月04日

仏教国

タイは昔シャムと呼ばれ、13世紀中頃から独立と王制を維持してきました。
国土面積は日本の約1.4倍。
 国民の約95%は仏教(上座部仏教)を信仰し、
男性は一生に一度は仏門に入り出家して修行するのが慣わしだそうです。
タイの寺院は煌びやかでとても派手です。そして僧侶は
ビルマの竪琴に出てくるような黄衣をまとっています。
日本も仏教国ですが、宗教そのものがあまり浸透していないように感じるのは
私だけでしょうか?
タイの人たちは日常生活の中に宗教が大きな位置を占めている
印象を受けました。



だって、ほらね♪
ドナルドも合掌してるんですよ^^
9.4 1.jpg
合掌するドナルド



バンコクの市内を歩いていると、野良犬が沢山います。
仏教国なので、殺生は禁止。自然と野良犬が増えるのだそうです。
友人のダンナさんが「犬を踏みつけると大変なので、
常に下を見て歩いている」と言っていました。
万が一犬に噛まれたら、すぐに病院へかけつけて狂犬病予防の治療を
してもらうそうですよ。それも大変ですね〜。





二日目は午前中はゆっくりして、午後は市内観 光です。
王宮と寺院巡りをしました。
王宮に着く前に、バケツ・・というよりもバスタブを引っくり返した
ような大雨が降り始めました。
この時期は雨季ですから仕方ないんですね。
それにしても激しい雨だっ・・
写真は綺麗に撮れておりませんでしたあせあせ(飛び散る汗)



というわけで、次の訪問地のワット・アルン(暁の寺)です。
三島由紀夫の小説「豊饒の月」に登場する寺院ですね。
王宮はキンキラキンでしたが、こちらは上品で落ち着いた雰囲気で
とっても私好みです♪
高さ75mの仏塔には色とりどりのガラスや中国陶 器の小片が
びっしりとはめこまれ、キラキラと輝いています。
9.4 4.jpg
暁の寺




こちらはタイ・マッサー ジの総本山、ワット・ポーの本堂にある、
長さ46m・高さ15mの、巨大な黄金の涅槃像です。
9.4 5.jpg
ワット・ポー


足の裏には、仏教の108の世界観を示した図が螺鈿細工で
描かれています
9.4 7.jpg



寺院めぐりはこれでおしまい♪
ヒルトンの斜め対岸にあるシャングリラホテ ルです。
9.4 8.jpg



夜はこのホテ ルのナイトクルーズに参加しました。
夜景が美しかったですよ。
ご飯の画像撮るの忘れましたあせあせ(飛び散る汗)
9.4 9.jpg



ここまでお付き合いいただいた方、ありがとうございます。


続く・・・(まだ続くんか!?・・・・はい・・・)

ニックネーム アローママ at 23:18| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする